OPTについて

このたわけのところで働く前に話はちょっとだけ遡りますが、大学を卒業後、米国で働ける仮ビザのようなOPT(オプショナルプラクティカルトレーニング)ビザというものをもらいました。
まずはOPTについて詳しいウェブから抜粋して記載しますね。

★OPTってどんなビザ?

『OPTとは、主に、学校で学んだことを、現実社会で実践するために、学生VISAを持っている生徒に働く許可を与えるものです。 在学中、あるいは、卒業後に最長12ヶ月間働くことが可能です。職種は専攻科目に関係のある仕事でなければいけません』

そうなんです。
私のようにジュエリーデザインを学んだ人間は、ジュエリーデザインの関係会社を必死で見つけて後『OPTをもらいました。どうか丁稚奉公させてください』と頼み込んで採用してもらうんです。たわけの会社は一応ジュエリーデザインぽい会社で、帽子やアクセサリーをデザインし、お店にならぶ商品を社員達が女工哀史さながらに夜なべして作って出荷するまでの作業を、その怪しい狭いたわけの巣兼オフィスで行っていたわけです。

ついでにもうちょっとOPTについて。。。

★OPTを申請するための必要条件は?

『OPTを申請するまでに、少なくとも1年以上のフルタイムの学生ステータスがあること
OPTを申請するときに、有効なF1ステータスを保持していること。
学習した分野に関連した職業に就く意向があること。』

そうなんです。ジュエリーデザインの学校でジュエリーデザインを学んだのに、そば打ち師になろうとしておそば屋さんに就職しようとOPTを申請してもいただけないんですよね。

★OPTからH1b(就労ビザ)に変更するタイミングはいつがいいですか?

『大抵の場合企業は、あなたが正式に働き始めて、最初の3ヶ月は試用期間と考えているので、その期間はH1b の申請は行いません。 その試用期間は、OPTのステイタスで働くことになります。そして、H1bがおりるまでに数ヶ月かかりますので、OPTの期間が半年くらいあるときに遅くともH1bの申請を始めることをお勧めします』

あああ。コレですよコレ。私が死ぬような目に会ったのは。
何が起ったのか?詳しくは次回。
posted by CHARA at 07:39 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。