H1-Bの次はIビザ

色々なデザインスタジオを転々とした後、ついにHビザが切れる日がやってきました。
Hビザの有効期限は通常3年プラス延長3年の6年間。
この期間を終えると、続けて延長というのは普通は不可です。特殊な業務に就いている人以外は、一年間米国外に出て再申請するか、もしくは永住権(グリーンカード)等、他の労働許可付きビザに切り替える必要が出てきます。
さて困りました。
真剣に困りました。
困り果てた挙げ句に、ゲイの友達に『結婚してください』っていうメールまで送りました。
当然返事には『どうしたんだ?男と別れたのか、それともビザが切れたのか?』と書かれてきました。さすがアメリカ。わかってますね。
正直に言いましたよ。
『ビザが切れて他のビザのあてが無いの。このままだと帰国しなくちゃならなくなるんだけど……』
すると次の返事はこうでした。
『僕のパートナーが日本人なんだけど、彼もビザで困ってるんだ。彼の結婚相手を見つけてくれたらキミと結婚してあげるよ』

ガーン。

そりゃ無理です。
自分の相手すら見つけられないのに、人様の結婚相手(しかもグリーンカード目当て)なんて見つけてる場合じゃありません。
他にも数人当たってみました。
もうホントに藁にもすがる思いとはこのことです。
当時アメリカ人とデートしていたので、その彼にも頼んでみました。
「あのう。グリーンカードのために結婚していただきたいんですが」
「ノー」
即答でした。
ひどい。
でも考えてみたら当然ですけどね。
結婚したいような相手じゃなかったんですけど、それでも一応ショックでした。そこまで即答するか?って感じで。
「そ、そんなにイヤ?」
と訊くと
「そんなグリーンカードのためなんて、冷たすぎる」
っていう返事でした。
「じゃあグリーンカードのためじゃなくて、ホントの結婚だったらいい?」
と重ねて訊くと
「ノー」
と同じ返事。
同じじゃん。だったらそんな『冷たい』とか言うなよ。
「じゃあじゃあじゃあ。弁護士費用の半額をあなたに支払って、結婚さえしてくれたらそのまま一生会わなくてもいいし、なんだったら他の女の人と付き合ってもいいし、なんでも思い通りにしてくれていいから、二年間だけ結婚してくれない?」ともう無法にもほどがあるだろう、っていうような提案までしてみました。本当にそうしたかったというよりは、いわゆるチャレンジ精神とでもいいましょうか……。
答えは当然「ノー!」でしたけどね。
そこでグリーンカードももうダメ。
ああ。もうダメなのかな。日本に一年間帰国しなくちゃいけないのかな。
と諦めはじめた頃。朗報が飛び込みました。
それは『Iビザ』の情報です。

ー長くなったので続きは次回ー
【ジャーナリストビザIの最新記事】
posted by CHARA at 07:33 | Comment(0) | ジャーナリストビザI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。