米国ビザ取得手続き代行サービス

アメリカのビザを取得しようとする時、どうしても不安で『代行サービス』なるものに頼ってしまいがちです。

かくいう私も、グリーンカード取得のために色々手を尽くしていたとき、オンラインで見つけた『グリーンカード抽選応募代行サービス』というものに頼ってすっかり騙された経験があります。
騙されたことに気がついたのは、何年もたってから『クラスアクション(集団訴訟)』というレターが届いたときです。同じ会社に騙された人たちが訴訟を起こしたんですね。私は幸い一度だけの応募で、代金もたしか20ドルかそこらだったと記憶していますが、当選するまで永久に代行サービス、というオプションを選んだ人は大金をだまし取られたんだと思います。

つまりですね。
素性の確かでない『代行サービス』なんていうものはあまり信用しないほうが良いのではないかと思うんですよ。
Iビザ延長等の簡単な手続きの場合は、できれば知り合いの人の紹介で、旅行代理店にお願いするのが一番確実です。あとは、どんなビザでも、特にグリーンカードなんかは、絶対にできるだけ多くの知り合いに問い合せ、確実にビザが取れた弁護士を通すほうが間違いが無いです。
それでもそれでも……、ビザって運が左右する部分があるんですよね。

ここで言う運っていうのは、『面接官運』です。

このお話は次回に!
posted by CHARA at 12:43 | Comment(0) | ビザ取得手続きについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。