Iビザ更新時の面接官

「ということは、あなたはフリーランスなんですね」
という罠質問に、内心目が点になりました。
だって、これは明らかに罠です。
私の知る限り、アメリカのビザに『フリーランスビザ』なんて存在しません。しかも勤めている(ということにしている)会社の推薦状やビザ更新依頼書等、全ての書類を提出しているのに「フリーランスなんですね」なんていう質問を、こともあろうに政府のお役人が口にするとは。
そこまでしてビザを取らせたくないという姿勢は一体何のためなんだろう?
確かに身分を詐称してビザを取得しようとしたり、ウソの結婚でグリーンカードを取得しようとしたりする人が後を絶たないのは事実です。でも、はなから罪人(?)扱いするのはいかがなものか?

「いいえ。そこのレターヘッドで推薦状を出している会社で働いています」
面接官の手にしっかりと握られているフォルダーに入っている書類を指差して返事をすると、「オーイエス」と面接官。少しリラックスした表情になりました。
確かにこれが彼らの仕事なんだしな、とは思いましたが、何がなんでもまず疑ってかかる、という姿勢はあまり愉快なものではないですよね。
御陰さまでなんとかビザの更新はできましたけれど、この不愉快な経験がきっかけで、やっぱりグリーンカードを申請したい、と強く願うようになりました。
5年に一度、面接官と渡り合わなければならないのかと思うとげんなりしたんです。確かにIビザさえあれば、米国内での身分は一生安泰。でも海外との行き来をするためには、5年に一度日本でビザを更新しなければならないからです。でも、グリーンカードさえ手に入れば、この先身分は安泰だし。
でも、このグリーンカードの取得が最難関なんです。

次回はグリーンカードについてです。
posted by CHARA at 11:51 | Comment(0) | ジャーナリストビザI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。